仕事が超多忙でまともな勉強時間を作れなくても

 

行政書士試験に独学で短期合格できる勉強法

 

を紹介します。

 

 

法律素人でも十分に一発合格できます。

 

 

1日中、仕事や家事、雑用などに追われて忙しい人が、
行政書士試験などの受験勉強をする場合は、
勉強すること自体が「大きな壁」となります。

 

長時間の残業が毎日続いたら、どうやって勉強時間を確保するのか?
くたくたになって帰宅した後に、勉強なんてできるのか?

 

こういった「壁」をクリアしなければ、受験勉強を続けることはできません。
当然ながら、行政書士試験に合格することもあり得ません。

 

そもそも、そんなに忙しければ資格スクールには通えないので、
好むと好まざるとにかかわらず、独学で頑張らなければなりません。

 

つまり、勉強内容以前に、日常生活に勉強を組み込むのが一苦労なのです。
十分に時間が取れる学生が受験勉強を行うのとは、わけが違います。

 

日々の生活に勉強を組み込むことができていない人は、まず合格できません。
あるいは、受験勉強の途中で挫折してしまいます。

 

さらに、法律素人の初学者だったら?

 

「行政書士試験に合格なんて、とても無理なんじゃないか?」
と、悲観的になってしまうかもしれません。

 

でも、そんな状況でも一発合格してしまう人はいるんですね。

 

あなたが似たような境遇で、
何とか行政書士試験に合格したいなら、
毎日の生活にどうやって受験勉強を組み込んだらよいかを、
真っ先に考えるべきでしょう。

 

とるべき方法は次のどちらかです。

 

● 自分で試行錯誤する
● 若干のコストを覚悟して先人の知恵を仕入れる

 

どちらを選ぶのかは、あなた次第です。

 

しかし、この手の試行錯誤は時間がかかります。
3ヶ月くらいはすぐに過ぎてしまうし、
よいアイデアが思いつかないかもしれません。

 

そうしている間にも、行政書士試験の準備期間はどんどん減っていきます。

 

ここは、若干のお金を出しても時間を買った方が賢いのではないでしょうか。
つまり、実績のあるノウハウを買うということです。

 

おすすめのノウハウは、

 

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法

 

という教材です。

 

○ 机で勉強できないほど超多忙なサラリーマンで、
○ しかも、憲法が法律だと思っていなかった素人が、
○ 隙間時間に独学を行って、
○ わずか147日一発合格してしまった

 

という経験に基づいて作られています。
毎年多くの合格者が出ているので、実績も十分です。

 

この教材には「合格返金保証」というものが付いており、
行政書士試験に合格すると、教材代金を全額返金してくれます。

 

こうした教材があるのに自力で試行錯誤するのは馬鹿らしくないですか?
早くノウハウを仕入れて、受験勉強をしっかり行った方が得策でしょう。

 

詳細はこちらをクリック

 

 

行政書士試験に、超多忙な法律素人が一発合格するための独学勉強法を紹介しています。机に座って勉強する時間すらないサラリーマンが、実際に147日で難関の行政書士試験に一発合格した勉強法です。

 

 

 

速読勉強法 | 試験勉強に使える速読法

行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー